こんばんは。
イケメン弁当屋の原田です。

皆さん、お弁当の盛り付け時、特に衛生面で気にしていることはありますか?
お母さんは、朝御飯もつくりながら、家族たちを起こしながら、
さまざまな作業を並行してお弁当を作りますよね。

そうそう、お弁当の盛り付けは、台所の限られたスペースを占領しますので、
さっさと終わらせたい作業でもありますね。

急ぎたいのは山々。
でも、ほんの少しだけ、注意していただきたいことがあります。

弁当箱への対策

口に入っても安全な、消毒用アルコール(食品添加物として認可されている物)を一本常備して下さい。値段は高くなりますが、ノロウイルスにも対応していた物が良いですね。通常の消毒用アルコールは、ノロウイルスには対応していませんし、水で濡れた部分に噴霧しても、消毒の効果はありませんので、ご注意を。

まずは水気をとってください。前の晩に洗ってしまい、乾燥してあればなおさら良いですね。
弁当箱の内部と、蓋の内側にアルコールをスプレーして、ペーパータオルで拭き取ります。

この類の製品は、アルコール濃度をチェックしてください。一般的に、価格が安い製品は濃度が低いです。個人的には、アルコール濃度が75%以上の製品をお勧めします。

盛りつけ時の注意

●素手で直接食材に触るのはやめて下さいね。箸を使い、盛りつけてくだされば大丈夫。時折、ペーパータオルで先端を拭きながら作業してください。使い捨てのエンボス手袋までは要らないでしょう。

●箸先に水道水が付着していないこと。そこから傷みますから、箸の先をペーパータオルで拭きながらの作業がいいでしょうね。

●煮物はできるだけ汁気を切って盛り付けしてください。コンビニのお弁当を見ていただけると分かりますが、汁が底に溜まっていませんよね。菌の繁殖を防ぐための工夫です。汁気が含まれると、そこから菌が繁殖する可能性があります。

●夏場に生の食材はなるべく使わない。食材の仕切りのレタスなどですね。また、プチトマトを彩りに入れるお母さんもいらっしゃいますが、ヘタを取ってから水洗いし、カットせずまるごと入れるのがベスト。半分に切ると、そこから傷みますよ。

盛り付け時の温度に注意

【普通の弁当箱の場合】
熱いうちより、各食材がある程度冷めてから盛りつけて欲しいです。室温まで下がってから、フタをしてくださいね。(あら熱を取る、といいます)腐敗防止と菌繁殖防止の観点からです。

5度~60度の間に4時間以上置かない、というのが理想とされていますが(HACCP)、家庭では、現実的に難しいでしょう。ですので、20度~50度の温度帯を意識して避けるようにしてくださるだけでも、だいぶ違います。

熱いうちにフタを閉めてしまうと、弁当箱の裏側に水滴がつきます。この水滴に、空気中の菌が付き、繁殖する温床となります。それが、食材の上に落ちますので、汚染されやすい環境になりますね。

【保温機能のある弁当箱の場合】
一般的に、保温機能のある弁当箱には熱々のご飯と味噌汁などを入れてフタをします。ですので、これが殺菌となり、安全性が増す、という方もいらっしゃいますが、過信は禁物です。

腐敗防止という観点であれば、朝作って昼食べるくらいであれば、夏場でも一般的に大丈夫です。しかし、弁当盛り付け時に食中毒菌またはその毒素が入ってしまうと、残っている可能性があります。

例えば、野菜に付いている土に含まれるセレウス菌やウエルシュ菌は、100度で加熱しても死滅しません。お弁当の具材が腐敗しないこと=食中毒防止ではありませんので、ご注意くださいね。

忙しい朝の時間帯。
効率良く、安全に作ったお弁当で、今日も家族を元気よく送り出してくださいね!

仕出し弁当の宅配・配達なら名古屋の「情熱弁当」がお届け!
国産食材や発芽玄米、無添加・オーガニック野菜・高齢者向け

情熱イケメン弁当屋の知恵袋~食を愉しむ小ネタ・アイデア・便利ワザ~
名古屋の宅配仕出し配達弁当屋「情熱弁当」では、
月に数回、食に関する内容のメールマガジンを発行中!
毎回、プロのライターの方と一緒になって作成する、
ためになる濃い情報が読者にご好評いただいています!

無料メルマガ登録はこちら

はじめての方へ情熱弁当のこだわり仕出し弁当商品一覧ご注文方法についてよくあるご質問

  • 情熱弁当のこだわり
  • 仕出し宅配弁当一覧
  • ご注文方法について

ページの先頭へ